2008年12月28日

【腐敗水点滴】「まさか…」夫も義父も絶句 注入した女の素顔

12月28日12時20分配信 産経新聞


 「病気がひどくなれば、ずっと側にいて看病してやれると思った。殺すつもりはなかった…」

 重病に冒されたわが子を懸命に看病していたはずの母親は、1歳10カ月の五女が横たわる集中治療室(ICU)で医師と警察官に囲まれ、うなだれた。

 ◆逮捕に絶句

 京都大学付属病院(京都市左京区)に入院していた五女の点滴に、腐敗して細菌が混入した液体を注入したとして、殺人未遂容疑で岐阜県関市に住む女(35)が逮捕された事件。女は過去、3人の子供を幼いころに亡くしており、五女に対する愛情は人一倍だと信じていた家族は、「まさか」と絶句した。

 五女は11月27日、胃腸の調子が悪いとして岐阜県内の大学病院に入院し、その直後から重い感染症を発病。12月2日に重症患者として京大病院に転院した。

 すぐに血液検査を行ったところ、通常は血液中に存在しない複数種類の細菌を検出。症状が悪化したため、7日からは集中治療室(ICU)に入った。

 一方、五女の入院直後から女に不審な行動があったため、病院側は11日、京都府警に連絡。12日からはICUに設置されたビデオ映像の録画を始めたところ、同日夜には女がポケットから何かを取り出すような行動が写っていた。

 さらに23日には、女がカメラに写らない角度で五女の点滴につながる管を隠し、五女を抱きかかえるようにしながら、ポケットから何かを取り出す様子を、カメラ越しに医師と警察官が確認。「何をしているのか」と問い詰めると、注入したことを認めた。持っていたハンドバッグとスカートのポケットからは注射器が見つかった。

 京都府警の調べに対して、女は「スポーツ飲料と水道水を混ぜて1週間〜10日間ぐらい放置し、面会時間中に点滴に注入した」と供述。女は少なくとも12月12、13、22、23日の4回、五女の点滴に液体を注入したことを認めているという。

 ◆治療方針まで相談

 女は、京大病院に免疫治療の専門家がいることから、自ら希望して五女を転院させていた。しかし、この時にはすでに重い感染症を患っており、京大病院の関係者は「人為的な理由で感染症にかかった可能性が高い」とみている。

 女は、1日2回の面会時間には必ず訪れ、五女を長い時間抱くなど熱心に看病。五女と離れたくない様子で、医師に対して「治りますか」などと積極的に質問し、病院側と治療方針を相談している。

 五女は、女が点滴に液体を注入した直後に高熱を出すなどの症状を繰り返しており、病院側は命にかかわる状態であることを女に伝えたという。

 京都府警は、女が、子供を病気などに仕立て上げて看病するような行動がみられる「代理ミュンヒハウゼン症候群」だった可能性もあるとみて調べている。

 ミュンヒハウゼン症候群は、実在の人物であるドイツのミュンヒハウゼン男爵が「ほら吹き男爵」と呼ばれたというエピソードから名付けられた、自傷行為などを繰り返して周囲の目を引きつけようとする精神疾患で、傷害行為が他者など(主に子供)である場合に「代理−」と呼ばれる。

 ◆過去に3人も

 女は、夫(49)と長女(13)、夫の両親の6人暮らし。平成6年に結婚し、しばらくして長女、次女が相次いで生まれた。しかし、次女は1歳半ごろから入退院を繰り返すようになり、13年に4歳で死亡。これ以後、女は自室にこもりがちになったという。次いで生まれた三女は2歳、四女は18年にわずか9カ月で亡くなった。

 今回の事件について、夫は「信じられない。何かの間違いだと思う」と絶句。義父は「病院に通う生活が続いても嫁は愚痴ひとつこぼさなかった。子供を心の底からかわいがっていたと思う」と、絞り出すように話した。

 岐阜県中濃子ども相談センターや関市子育て支援課によると、これまでに児童虐待が疑われたことはなかったという。

 一時、命の危険があるほど重症だった五女は現在、回復に向かっているという。京都府警は、病死とされた3児が死亡した経緯についても、女から慎重に事情を聴いている。
posted by 羽白熊鷲 at 23:05| Comment(26) | TrackBack(0) | 凶悪事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<いわき死体遺棄>「盗み見つかり絞殺」容疑者が供述 福島

12月28日19時41分配信 毎日新聞


 福島県いわき市の民家で男性の遺体が見つかった事件で県警は28日、死体遺棄容疑で逮捕した住所不定、無職、鈴木智勝容疑者(30)が「盗みに入ったら見つかったので、首を絞めて殺した」と供述していることを明らかにした。強盗殺人容疑も視野に入れて調べる。

 県警いわき中央署の調べでは鈴木容疑者は23日ごろ、同市平豊間、無職、遠藤利吉さん(79)方2階廊下で、遠藤さんの遺体に布団をかぶせて遺棄した疑い。布団は風呂敷に包まれていた。死因は首を絞めたことによる窒息だった。

 室内は物色した形跡があるが、盗まれたものがあるかは不明。鈴木容疑者の実家は遠藤さん方に近く、鈴木容疑者が遠藤さんの乗用車に乗っているところを署員に発見された。
posted by 羽白熊鷲 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 凶悪事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

おとり捜査に協力させられ逮捕、損害賠償求め提訴…佐賀


 知人らが強盗を企てていることを警察官に知らせたのに「おとり捜査」に協力させられた末、逮捕されて名前を公表され、精神的、肉体的苦痛を被ったとして、佐賀市兵庫町、中古自動車販売業原一弘さん(36)が7日、佐賀県を相手取り、330万円の損害賠償を求める訴訟を佐賀地裁に起こした。

 訴状などによると、原さんは昨年7月23日ごろ、中学の同級生だった暴力団幹部(36)から、同28日に佐賀市の民家まで軽乗用車を運転するよう頼まれ、目出し帽を購入することも指示された。幹部と別の男との話から、強盗を計画していると直感。28日の“犯行”約2時間前に佐賀署を訪れ、刑事に「強盗をやめさせたい」と相談した。

 しかし、刑事から犯行計画に加わるよう言われ、軽乗用車に男3人を乗せて目的の家へ行ったところ、覆面パトカーで追跡するなどしてきた同署員に4人全員が拘束された。原さんは翌29日、事前に強盗目的で目出し帽を買ったとして強盗予備容疑で逮捕され、20日間拘置された後、不起訴(起訴猶予)となって釈放された。

 原さんは「パトカーで現場を巡回してくれれば、仲間が犯行をあきらめると思って話した。逮捕され、共犯者として名前を公表されたのは納得できない」と主張。県警は「知人らを逮捕するためにはやむを得なかった」としている。

(2008年3月8日01時01分 読売新聞)

羽白熊鷲「いったい何が『やむを得なかった』のだか…。まずは謝罪せよ。」
posted by 羽白熊鷲 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

泥酔、運転手逮捕へ 埼玉2人死亡 危険運転致死傷容疑

2008年02月27日06時16分

 埼玉県熊谷市の県道で乗用車と軽乗用車が正面衝突して夫婦2人が死亡、4人が重体となった事故で、県警は、泥酔状態で運転していたとして、乗用車を運転していたトラック運転手(32)を危険運転致死傷容疑で逮捕する方針を決めた。運転手が事故前に飲酒したとされる飲食店についても道路交通法違反(酒類提供)容疑で調べる。

 調べでは、運転手は17日午後7時半ごろ、酒に酔った状態で車を運転。中央線を越え対向の軽乗用車と衝突し、軽乗用車に乗っていた親子4人を死傷させた疑い。運転手の車に同乗していた同僚2人も重体となった。

 調べや関係者の話によると、運転手は17日昼から約5時間、飲食店で同僚ら6人とビールなどをコップで約30杯飲んだという。県警が運転手の血中アルコール濃度を調べた結果、呼気換算で1リットル中1.1ミリグラム検出した。一般的にひどく酔った状態だという。

 県警は、入院中の運転手の回復を待って本格的に調べる方針。車に同乗していた同僚2人についても、けがの回復を待って事情を聴くという。

羽白熊鷲「飲酒運転そのものを厳罰化すべきだ」
posted by 羽白熊鷲 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 凶悪事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

校長殺害も計画=着服隠ぺい、同僚の男を起訴−小学生女性臨時職員刺殺・函館地検

2月21日16時1分配信 時事通信

 北海道せたな町の町立島歌小学校で1月末、臨時職員田村亜衣子さん(24)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された同僚の同校臨時職員福士昌容疑者(21)=せたな町瀬棚区本町=が、着服発覚を防ぐため、同校校長(54)を自殺に見せ掛けて殺害する準備をしていたことが21日、分かった。函館地検は同日、福士容疑者を殺人罪で起訴するとともに、校長に対する殺人予備罪でも起訴した。
 起訴状などによると、福士容疑者は同校職員の出張旅費を着服していたが、発覚しそうになったため、校長を殺害した上で、着服を苦に自殺したように見せ掛けることを計画。1月31日午前1時半ごろから6時半ごろまでの間、校長が書いたような遺書をパソコンで作成した上、ロープを準備した。
 さらに、同日午前7時半ごろ、同校ボイラー室に出勤してきた田村さんの頭部を金づちなどで殴打した上、胸などを刃物で刺して殺害した。 


posted by 羽白熊鷲 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 凶悪事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

3女性殺害、2審も死刑=「非情かつ残酷」−福岡高裁

2月7日14時1分配信 時事通信


 福岡県内で2004年12月から翌年1月にかけ、女性3人が相次いで殺害された事件で、強盗殺人や強盗強姦(ごうかん)などの罪に問われ、1審で死刑判決を受けた鈴木泰徳被告(38)の控訴審判決公判が7日、福岡高裁で開かれた。正木勝彦裁判長は「被害者の人格を無視した強固な確定的殺意に基づく、非情かつ残酷な犯行」と述べ、被告側の控訴を棄却した。
 正木裁判長は「性的欲求や金銭欲に始まり、人命軽視も甚だしく、身勝手極まりない」と指摘。死刑も「やむを得ない」とした。
 公判で被告側は、事件当時は借金返済の督促などに追われ極度のストレスで心神喪失か耗弱状態だったと主張したが、正木裁判長は「日常生活で被告の言動に異常を感じた者もいない」と退けた。 
posted by 羽白熊鷲 at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 凶悪事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

車窃盗、引きずり死なす 強殺容疑で男再逮捕

1月24日8時3分配信 産経新聞


 千葉県船橋市で昨年4月、会社員、小堀敦史さん=当時(36)=が自分の車が盗まれるのを阻止しようと車体にしがみつき、振り落とされ死亡した事件で、船橋署捜査本部は23日、強盗殺人の疑いで、住所不定、無職、前田洋之被告(35)=有印私文書偽造などの罪で起訴=を再逮捕した。また共犯で犯行翌日に日本を出国したアフガニスタン国籍の無職、モハッド・イサ容疑者(30)の逮捕状を取り、国際指名手配する方針。

 遺留品の帽子に付いた毛髪のDNAが前田容疑者と一致したのが逮捕の決め手となった。

 調べによると、2人は昨年4月15日深夜、船橋市馬込町のアパート駐車場で、小堀さんの国産スポーツ車を盗んだ。この際、盗難防止装置が作動し、駆けつけて車にしがみついた小堀さんを引きずって振り落とし、脳挫傷などで死亡させた疑い。
posted by 羽白熊鷲 at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 凶悪事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

<乳児殺害>泣く娘に腹立て口ふさぐ 37歳父を逮捕 宮城

1月15日21時1分配信 毎日新聞


 生後4カ月の娘が泣きやまないのに腹を立て、殺害したとして宮城県警石巻署は15日、同県石巻市流留、無職、三浦春樹容疑者(37)を殺人容疑で緊急逮捕した。

 調べでは、三浦容疑者は14日午後2時ごろ、自宅で、娘の寿々乃(すずの)ちゃんの口にクッションを押しつけて殺害した疑い。司法解剖の結果、死因は窒息または頭蓋(ずがい)内出血だった。三浦容疑者は「クッションの上に投げ落としたが泣きやまないので、別のクッションを押し付け、気づいたら死んでいた」と容疑を認めている。

 三浦容疑者は妻(28)と寿々乃ちゃん、小学1年の娘(7)との4人暮らし。14日午後5時ごろ、仕事から帰宅した妻が、ぐったりしている寿々乃ちゃんを見つけ119番通報した。三浦容疑者は15日午前9時ごろ、同県大崎市内で車を運転しているのを捜査員が発見した。【伊藤絵理子】

posted by 羽白熊鷲 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 凶悪事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

1歳の長男、突き倒され重体 父親を傷害容疑で逮捕

2008年01月13日21時02分

 1歳の長男を突き飛ばし大けがをさせたとして、埼玉県警は13日、同県新座市大和田4丁目、会社員佐藤洋二容疑者(31)を傷害の疑いで逮捕した。佐藤容疑者は「なつかないので腹が立ち、突き飛ばしてしまった」と容疑を認めているという。

 新座署の調べでは、佐藤容疑者は6日午後7時20分ごろ、自宅居間で長男の胸を手で突き飛ばし、頭を柱に打ちつけた疑い。長男は病院に運ばれたが、硬膜下血腫で意識不明の重体。3人家族で、当時、妻は外出していたという。

 同日夜、病院からの通報で同署が調べていた。佐藤容疑者は当初、「過って落とした」などと話していたが、その後、突き飛ばしたことを認めたという。調べに対し、「かわいがってもなつかず、先月ごろから突き倒したり、体をつねったりした」などと供述しているという。

posted by 羽白熊鷲 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 凶悪事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

下着投棄の容疑者、14年前の梅田の強殺容疑で再逮捕 

2007年12月26日01時01分

 大阪・梅田のホテルで94年に会社員の女性(当時26)が殺害された事件で、大阪府警は25日、女性用下着を民家に投げ捨てた廃棄物処理法違反罪で起訴された会社員押谷和夫容疑者(48)=同府茨木市彩都あさぎ3丁目=を強盗殺人容疑で再逮捕した。公訴時効成立(当時15年)まであと1年だった。府警は押谷容疑者と女性が何らかのトラブルになったとみているが、押谷容疑者は「はっきり覚えていない」と容疑を否認しているという。

 調べでは、押谷容疑者は94年1月16日夕、大阪市北区梅田1丁目のホテルで、デートクラブから派遣されてやって来た女性の頭を鈍器のようなもので何度も殴り、首を絞めて窒息死させたうえ、女性の財布が入った手提げバッグを奪った疑い。

 府警の調べで、殺害現場のホテル客室に同日午後チェックインした男は、客室から複数のデートクラブに派遣依頼の電話をかけていたことが判明した。最後に電話した店で働いていたこの女性がたまたま男の部屋に同午後5時20分ごろに派遣され、直後に殺害されたとみられる。男は同6時20分ごろにホテルを出ており、府警は女性が入室してすぐに何らかのトラブルになったとみている。

 昨年6月以降、茨木市で女性用下着が民家の庭などに投げ捨てられる事件が相次ぎ、目撃証言などから押谷容疑者が浮上した。府警が今月2日、押谷容疑者を廃棄物処理法違反容疑で逮捕。下着に付着した体液などから採取されたDNA型を、警察庁のDNA型データベースで照合したところ、14年前の殺害現場に残された体液のものと一致した。

posted by 羽白熊鷲 at 09:29| Comment(3) | TrackBack(1) | 凶悪事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。